トップ

目を疑った苦い体験

2005年夏、暴風雨 東京 午後3時
横殴りの風雨で傘の柄はへし折られました。私は外まわりの仕事を早々に切り上げ早々に帰宅。
スラックスも靴も水滴がしたたり落ちて、バケツの水を頭の上からひっくり返したような状態です。
玄関先で、はぎ取るようにしてスラックスを脱ぎ、靴下を脱ぐと、足の先からの異様なにおいが鼻に飛び込んできました。
「うっ、くさっ・・」それは、思わず鼻をそむけるしかない悪臭でした。
・・・・・・。
異様なニオイとともに、妙なものが目につきました。それをまじまじと見ているうちに自分の目を疑いたくなりました。
右足の親指の付け根あたりから、中指あたりまで、皮膚全体が白くふやけて、全体がはがれそうなふうだったんです。
中指をつまむと、そのままごそっと皮膚が動いてしまいそうな感覚でした。
「こんなことになるまで、今まで気がつかなかったなんて・・・。足の指がもげてしまうんじゃないか??」

足の指が崩れたりするんじゃないか?

そんな悲惨な光景が頭の中に浮かびました。
「冗談じゃないよ」
すぐにシャワーを浴び、足の指と指の間を恐る恐る慎重に洗いました。
ドライヤーでしっかり乾かして、その日は布団に入りました。
その晩は何も考えたくない気分でした。翌朝、目覚めるとすぐに足の様子を確かめました。
昨夜の白くふやけていたところが、やや平たくなり、皮膚が落ちつきを取り戻したようでした。
「ああ、早くなんとかしなきゃ。あっ、そうだ!」
信頼できる親戚や友人から聞いていたある方法を思い出しました。
早速、その方法を試してみることにしました。ですが、私には数分と続けることができませんでした。
試しているうちにだんだん気持ち悪くなってきたからです。強烈なニオイがトラウマとなってしまいそうでした。
「これって、相当、我慢強い人か、もくしは、鼻がきかない人しかやれない?」
そう確信できるニオイでした。それ以外にどうにも表現しようが無いニオイでした。
それを実行した友人にニオイのことを話したところ、案の定、その方法を実行している間、家族からは大ブーイングだったそうです。

それじゃあ、治るとしてもできないな・・・

「薬局か病院にいくしかないのかな・・・」
そう思いかけた矢先、ふと別の方法を思いついたんです。それは私が日常、利用しているある物質を使う方法でした。
なぜ、その物質を使うことを思いついたのか?それは、大きな共通点と大きな相違点があったから。
そうです、大きな共通点と大きな相違点があったからです。大きな相違点って、もうわかりますよね。
そうです、最初のは、ものすごいニオイがする。あとのは、まったくニオイがしない。
「その2つを組み合わせると、これはいい結果が出るかもしれない。」で、早速、それを試してみました。
たった1回試しただけで日を追って段々ときれいな足になっていきました。根気がいらないので、実感がわきません。
親戚、友人・知人、そのまたつながりでどんどん試していきました。その結果、おもしろいようにきれいな足になる人が次々に出てきました。半年たっても、一年たってもきれいな足の状態を保っている人も次々に出てきたのです。


あなたは何をしたか気になりませんか?

Yahoo!ブックマークに登録

メニュー

水虫wiki

サブメニュー

無料メルマガ配信中

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。水虫に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email :